有価証券報告書提出会社の確認方法

投資家はもちろん、その企業に興味のある方であれば、一度は有価証券報告書を見てみたいと思われる方は多いと思います。
有価証券報告書は、金融商品取引法に作成の義務を規定されている書類に当たり、事業年度ごとの会社の状況を明示するものです。

これを明示することにより会社の状況を広く一般に告知し、投資家などに安心して投資を検討してもらうための評価の元になる書類になります。

この有価証券報告書提出会社は金融商品取引法に記載されており、まずは、金融商品取引所つまり証券取引所に株式を公開している会社か、店頭登録している会社、もしくは有価証券届出書提出会社、または資本金が5億円以上で、過去5年間の事業年度末に株式や優先出資証券の保有者が1000人以上の会社が該当します。

それではどういう会社が公開しているのかを確認する方法ですが、証券取引所や新興市場に上場や店頭登録している企業は、各取引所を確認すれば分かります。

それでは、それ以外の会社はどのようにすべきかと言うと、有価証券報告書の提出先が財務省になりますので、各管轄の財務局に確認すれば良いわけです。
なお、報告自体はEDINETという、電子報告システムを使っています。

会社の状況を明らかにする有価証券報告書なので、興味のある会社があれば、その企業が株式を公開しているかどうかで、証券取引所に確認したり、管轄の財務局に確認すれば欲しい情報がもらえることになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ