充実した内容を誇るSBI証券の口座管理メニュー

SBI証券の口座管理メニューは、円貨建と外貨建の2つに分かれています。
円貨建の項目では、保有している商品や信用建玉の一覧、当日買付が行える金額の上限を示す買付余力、買付余力の受渡日ごとの詳細が分かる清算予定一覧、信用取引口座における信用建余力や代用有価証券の一覧と貸株の詳細が閲覧可能です。
また、NISA投資可能枠が確かめられ、NISAについては毎年100万円の非課税投資枠が決まっているので、この制度を利用する人には必要不可欠な情報となります。

一方の外貨建商品も、保有証券一覧で外貨建商品の取引口座のポートフォリオ詳細が見られ、買付余力も確認可能です。

取引履歴は円貨建と外貨建に分かれており、円貨建口座では過去3ヶ月間に発注した履歴を商品や銘柄を指定するか、期間の指定、銘柄コードの検索から閲覧できます。

ただし、ここで表示される金額は概算となるため、正確な金額は約定日の翌日以降に見ることができ、口座管理メニューに含まれる約定履歴や信用決済明細、郵送・電子交付によって得られる取引報告書で確認を取る際には注意が必要です。

その他、特定口座内で計算された譲渡益税明細やeワラント・上場カバードワラントの権利行使、権利放棄により生じた売買損益を示すカバードワラント損益も確かめられます。

外貨建では約定履歴が過去5年前の年初から確認できますが、反映のタイミングは投資先で異なるので気を付けて下さい。

このように、SBI証券の口座管理メニューでは、取引についての様々な情報が確認可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ