多彩なグループ企業の統括・運営を行うSBIホールディングス

SBIホールディングス株式会社は、1999年7月にベンチャーズ・インキュベーション事業を行うことを目的に、ソフトバンク・インベストメント株式会社として設立されました。
現在は金融サービス事業とアセットマネジメント事業、バイオ関連事業を手掛ける企業です。
金融サービス事業で代表的なのはSBI証券で、ネット証券の最大手として口座数、預かり資産残高、株主委託売買代金のそれぞれにおいて業界首位の座を占めています。

他に、銀行業では住信SBIネット銀行、保険はSBI損害保険といった事業を展開し、いずれもネットを主体としたサービスであるのが特徴です。

アセットマネジメント事業では、後継者が居ない企業の事業承継などの持ち株の売却時に株式シェアの過半数を取得し、経営権を握って対象企業の企業価値の向上を行うバイアウト投資に取り組んでいます。

同時にインターネット関連のIT企業に集中的に投資を行うなど、ベンチャーキャピタルファンドも取り扱っており、21世紀の日本の中核産業を育成するための投資もしてきました。

バイオ関連事業では、ALAと呼ばれるアミノ酸の一種を利用した事業において、化粧品から健康食品、さらには脳腫瘍やがんの診断といった医療分野への応用も行われています。

それとは別に、各国のバイオベンチャーとの連携により、自己免疫疾患とがんの2つの領域に特化した、治療法や医薬品の開発にも積極的です。
このようにSBIホールディングス株式会社は、多様な事業内容を扱う企業グループの統括・運営を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ