さらなる収益を目指すならSBI証券の貸株サービスの金利に注目

銀行に預貯金を預けて資産を増やすという考え方が変わり、最近では、資産を運用して自分で増やす時代になってきました。
自分の資産を運用するとなると、誰もが慎重である反面、老後のため、子供や孫のためにと、可能な限り多くの資産を残すために多少のリスクを覚悟のうえで証券取引に挑戦する人もいます。

株取引は必ずしも高額で行うものではなく、100円などの少額からスタートできるものもあるため身近になってきました。
証券取引を開始するにあたっては、証券会社に口座を開設する必要があります。

既に証券口座を所有していて取引をしている人のなかで、今後効率よく資産を増やしたいと思う人は「貸株サービス」を視野に入れるとよいでしょう。
貸株サービスとは、所有の株を証券会社に貸し出して、貸し出し料を受け取るというものです。

貸出の期間や銘柄によって、最終的な収益は異なります。
そして、証券会社は個人投資家や投資機関に、顧客から借りた株を貸し出して利益を得ます。

特にSBI証券では、貸株サービスの対象となる銘柄が多く、さらにプレミア金利といって特別金利が高い銘柄が多数あります。
この数年の間に金利は一律0.5%引き上げられたり、中には1%以上の引き上げがあった銘柄もあります。

ただし、対象の銘柄は毎月見直しがされるため注意が必要です。
また、貸株サービスを利用するには事前に申し込みが必要で、全てインターネットでの申し込みとなっているため、店頭やコールセンター経由での申し込みはできません。

サービスの利用可能な銘柄も制限があるため事前に確認が必要ですし、リスクも伴うため、しっかりと下調べをしてからサービスの利用を決めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ