店舗網を順次拡大しているネット証券最大手のSBI証券

SBI証券といえば、ネット証券の最大手として有名ですが、投資家の幅広いニーズを提供するために店舗対応も順次進められています。
店舗運営には運営コストがネット上の運営よりも大きくかかってくるために、これまでの業界最低水準という国内株式売買手数料がそのまま維持されるかどうか不安もありましたが、今のところ変化はないようです。

また、SBI証券の売りの1つである、注文方法のシンプルさとシステムの安定の高さがあります。
これは、初心者の投資家だけでなく、上級者の投資家にとっても大切なことです。
また、企業レポートに関しても、世界的に著名な企業によるレポートが閲覧できるようになっており、所得株式の時価を自動計算できるポートフォリオや、多彩な条件を入力して株式銘柄を検索するスクリーニング機能など便器な機能は、上級者の活用をサポートする内容となっています。

また、取引商品に関しても、取り扱っていない商品はないほどの豊富さも投資家にとって嬉しい点です。
最近では、インターネットを介した取引が主体となっていますが、電話によるダイレクト取引や相談も受け付けていますし、上記でも触れたように実店舗を増やすことによって、ネットや電話を使わないで取引や相談をする顧客層にとってもその利便性を図っている点などは、少数の顧客層の立場までしっかりと面倒をみてくれているという印象を与えます。
株式の取引に関しては、とにかく取引のしやすさというものが大切ですが、SBI証券ではそれを確実に備えているといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ