イートレード証券はSBIグループとなり、SBI証券と名前を変更

昨今の株ブームに大きく関わってきたのが、かつてのイートレード証券です。
それまで高かった取引手数料を割安にすることで、個人でも気軽に株取引が可能となりました。
多くの証券会社が支店を持つのに対し、イートレード証券はネット証券ですから、割安の価格設定ができたともいえます。

これをきっかけに他の証券会社も手数料を下げ、またネット証券会社の参入といった流れにもなっています。
その後イートレード証券はSBIグループとなり、SBI証券と名を変えました。
ただ今でも様々なサービス提供に積極的で、個人投資家からの支持も高いです。

1日の中で取引を多く繰り返すデイトレード向けの取引手数料設定もあり、また株式売買の際には欠かせないチャートやリアルタイムでの情報提供など、パソコン1つで多くの情報が得られるのも特徴です。
またSBI証券では、SBIグループの社債であるSBI債も販売しています。

一般的な社債や国債と比べて利率の高いSBI債ですが、SBIという安定した企業の発行する債券ということもあり、毎回人気が集まります。
以前は先着順での購入受付でしたが、発売とともに即完売という状況が続いたため、現在は抽選式となりました。
他にも外国株や外国債の購入もできるようになっており、サービスは非常に充実しています。
株取引をしない場合でもメリットは多々あるといえますので、SBI証券に口座を開設しておくのがお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ