ロト6やジャンボ宝くじは大きな夢を抱けるゲーム

一獲千金という大きな夢は、強弱はあれども誰しも一度は頭をよぎったことがあるのではないでしょうか。
それを裏付けているのが宝くじの人気でしょう。
一枚数百円の宝くじですが、それを手にしたとたん当選日のその日まで大富豪になった自分を思い描くのは、正に夢を買ったようなものと言えます。
宝くじの代表的なものとしてジャンボ宝くじがあります。

現在では年間を通して定期的に販売されるようになり、初春の頃のグリーンジャンボから始まってドリームジャンボ、サマージャンボ、オータムジャンボと続き、最後に年末ジャンボで締めくくられます。

最も人気なのが年末ジャンボで、大晦日に抽選日を設定するところも話題性を引き上げる要因の一つでしょう。

よく当たると評判になる宝くじ売り場は全国各地に存在しますが、その中でも有名な西銀座チャンスセンターや大阪駅前第4ビル特設売り場は、年の暮れ頃には特に混乱を極め、ニュースでも取り上げられる程の熱狂ぶりです。

季節毎に販売されるジャンボ宝くじに対して、年間を通して毎週購入できるのがロト6で、数字の決められた券を買う宝くじとは異なり、ロト6は1から43の数字の中から自分の好きな数字を6個選ぶので、自分の持つ運に加えて直感力も必要となるかもしれません。

一口200円というお手頃な値段ながら、1等を取れば最高で2億円、更にキャリーオーバー中の1等であれば最高4億円にも上るという驚異の額となっています。

ジャンボ宝くじもロト6も、「ひょっとしたら」という心理をつかれる夢のあるゲームだと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ