現在売上高が伸びているロト6のキャリーオーバー制

ロト6は数字選択式宝くじと呼ばれており、ミニロトやナンバーズと同様に決められた数字の中でいくつかの異なる自分の好きな数字を選んで購入する宝くじです。
1~43の数字の中から好きな数字を6個選んで、抽選された数字と一致した数字の数で等級が決まる仕組みとなっています。
理論上ではありますが、1等賞金が1億円あまりと高額なことでも知られており、現在の売上高は普通宝くじをしのぐ勢いです。

ナンバーズは数字の並びが重要な要素となっていますが、この宝くじのルールは数字の並びには関係無く、予想した数字がいくつ一致しているのかが当選の決め手となります。

また、他の宝くじには無いキャリーオーバー制を取っていることも特徴のひとつで、これは、当選者がいない等級の当選金総額やひと口当たりの当選金額がその回の1等の当選金の限度額を超えた場合の超過額を、次回の1等当選金総額に繰り越す制度を言います。

この制度を取っている宝くじはロト6とロト7のみである為、注目度も高く購入者が増えている要因のひとつとなっていると考えられます。
1等当選金の限度額としては、キャリーオーバーが無い場合は2億円で、発生時はなんと4億円にもなり、当選時の期待も膨らみます。

ひと口200円で販売され、抽選は毎週月曜日と木曜日に行われ、当選番号はインターネットでの確認の他に、翌日の新聞にも掲載されます。
毎日購入可能なくじなので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

現在の当選金額によっては、200円が4億円になるのも夢ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ