ロト6当選者の声から見える購入する動機の重要性

ロト6は、1から43の異なる数字を6つ選んで1口200円で購入する「数字選択式宝くじ」で、1等はキャリーオーバーがあると最高4億円となっていますが、この当選確率は約600万分の1です。
しかし、このロト6で当選した人は間違いなく存在するので、ロト6当選者の声を紹介していきます。
購入するきっかけが出来るという事が大事なようで、ある当選者の方は、奥さんに「高額当せん者登場広告」が載っている朝刊を差し出されて、これが丁度ロト6の抽選日だったそうです。

そこで、この広告が気になった為に自分も買ってみようと購入した結果、2等ながら約2,000万円の高額当選を果たし、数年後にはこの人が「高額当せん者登場広告」に出ることになりました。

また、別のある人は、年始に各種の宝くじで相次いで少額ながら当選したことによって、今年は運勢が良いと幸先の良さを感じ、高額当選も間近だと宝くじを定期的に購入していたところ、秋にロト6で約1,200万円の高額当選を果たしたそうです。

この人の場合にはきっかけもそうですが、自分の運勢が良いと前向きに捉えた結果が良い作用をしたのかもしれません。

このように、ロト6当選者の声を見ていくと、それぞれのストーリーがあります。

それは当たったからこそ不思議に感じるだけで後付けのものかもしれませんが、これから高額当選を目指す場合には、小さな予感やきっかけを見逃さずに、まずは購入してみることから全てが始まるというのは間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ