ロト6の当選確率と計算式について

ロト6は1口200円で、1から43の数字の中から異なる6個の数字を選んで購入する「数字選択式宝くじ」です。
1等の当選金は、キャリーオーバーが無い場合には最高2億円で、キャリーオーバーが発生した場合には最高4億円となっています。
では、この1等の当選確率ですが、計算式を出すにあたっては1から43までの数字が6つ選択するという点と、数字の並び順はナンバーズ等と違って関係ないという点がポイントです。

最初の数字は43個のうちから1つ選ばれるので43通りから、2つ目の数字は42通りのうちからというように繰り返していくと、6個目は38通りの中から選ばれることになります。

この全通りの組み合わせを出すために43から順番に38まで乗じて組み合わせを出すと4,389,446,880通りあることになりますが、この組み合わせに関しては数字の順番も関わる場合です。

例えば、1、2、3、4、5と選ぶことも5、4、3、2、1と選ぶのもロト6に関しては同じなので、重複するこうした組み合わせを除外する為に選ばれる数字の個数の残数6から1を乗じていった720で4,389,446,880を割ります。

それによって出た数字が6,096,454で、これがロト6における出現数字の全通りということになり、1等はもちろん1通りであるため、1等の確率は6,096,454分の1ということになるのです。

このように、確率を計算式に当てはめて計算すると約600万分の1となりますが、宝くじでは良く言われるように買わなければ当たらないのは確かなので、この数字は考えずに夢を購入してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ