ロト6の抽選は、夢ロトくんという電動撹拌式の機械で行われます

ロト6は、1から43までの43個の数字の中から選ぶ異なる6個の数字と、抽選数字が一致している個数によって当選が決まります。
その当選番号を決定するのが電動攪拌式遠心力型抽選機で、「夢ロトくん」と愛称で呼ばれている機械です。
選び方は、まず上部のボールに1から43まで43個の球を入れて攪拌します。
ちなみに撹拌機の回転数は、1分間に55回転です。

夢ロトくんで使用されるボールは、低倍発泡スチロール製でウレタン塗装され 、直径5センチ 重さが14グラムと決められています。
公正を期す為、必ず毎回、ボールを1個ずつ審査します。

攪拌された後、球は下の本数字を選ぶ部分に落とされ、受け皿が回転して遠心力により球が高速回転し、その回転している球を、次々と無作為で6個抽出していきます。

本数字が抽出された後は、残った球はボーナス数字を選ぶ部分に落とされ、同じように受け皿が回転して、ボーナス数字1個が抽出されボーナス数字が決定します。

これで当選番号が確定するのです。
抽選する場所は、東京と大阪に開設されている「宝くじドリーム館」で行われます。

「東京宝くじドリーム館」では、宝くじの歴史や仕組みの解説、 現金1億円の重量を体験するコーナーなどが設置されています。
宝くじドリーム館のステージ前には30席の客席があり、観覧する事も出来ます。

通常は東京で行なわれますが、災害時に備えて大阪でも行う様になりました。
月曜日と木曜日はロト6の日で、午後6時45分より始まります。

その場に行けない人もインターネットのライブ配信を利用すれば、臨場感が楽しめます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ