宝くじとロト6の換金ができるみずほ銀行

みずほフィナンシャルグループの都市銀行であるみずほ銀行は、宝くじの換金ができる銀行として、口座を持っていない人にも広く認知されているメガバンクです。
宝くじとは、全国の都道府県や政令指定都市が発売している公営のくじのことで、当せん金付証票法に準拠しており、くじを販売することによって得られた収益の中から、財源や経費を引いて、当選者に賞金を分配しています。

近年は非常に種類が増えてきており、ジャンボ、全国通常、ブロックなどの宝くじや、その場で当たりかはずれが分かるスクラッチ、自分で好きな数字を選ぶロト7、ロト6、ミニロト、好きな3ケタの数字を選ぶナンバーズ3などがあります。

くじに当せんすると、すぐにでも当せん金が欲しいと思うものですが、当せん金の受け取りは金額によって受け取れる場所が違うので注意が必要です。

1つの当せんに対して1万円以下では、くじ売り場で受け取ることができますが、1つの当せんに対して1万円を超える場合は、みずほ銀行の本店もしくは支店で受け取る仕組みになっています。

ただし例外として、5万円のマークがあるくじ売り場の場合は、1つの当せんに対して5万円以下までは受け取れます。
そして、さらに注意が必要なのが、当せん金を受け取れる期間です。

受け取り場所を間違えても、正しい場所に行けば当せん金を受け取れますが、支払い期間を過ぎてしまうと、人生を変えるような高額当せんであっても受け取れなくなってしまいます。

当せん金の支払い期間は、支払いを開始した日から1年間なので、忘れないようにできるだけ早く受け取るのがよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ