ゲイル理論はオカルト要素を一切排除して、理論的にロト6を分析しています

書店には絶対当たるロト6攻略法、といった感じの文句を謳って、様々なロト関連本を目にします。
中には占星術によって当選を予想するといった非科学的な本があり、しかもそうした本が意外にも販売ランキングに入っている場合があります。

しかし、ゲイル理論はそういったオカルト要素を一切排除して、理論的にロト6を分析しています。
ゲイル理論の著者ゲイル・ハワードは、ニューヨークのウォールストリートで、株式トレーダーとして活躍していた1982年にロト分析を開始しました。

トレーダーとして積み重ねたノウハウを活かし、論理的な思考とデータを素にして理論を完成させたと言われています。
驚くべきは彼女の実績であり、なんと日本円にして120億円以上にも及ぶ当選金を獲得してきました。

ゲイル氏の理論は、確率が最も高いことは最もよく起こる、確率が最も低いことはは起こらない、という考えを基盤としています。
ゲイルの理論の中でも有名な手法は、バランス組み合わせシステム、パワーナンバー組み合わせシステム等です。

6個の数字の組み合わせシステムの一種で、数学的に考えた場合、非常に効率的な組み合わせを割り出す手法です。
実際にこうした手法によって高額当選金を手にした読者から、多くの感謝の手紙が届いているそうです。

ゲイル理論は、単なるロト分析本としてだけではなく、企業の社員教育にも応用できる内容であると言われ、いわゆるロト攻略本の範疇に収まらず、多くの人々に広く愛読されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ