ロト6の抽選方法は、電動撹拌式遠心力型抽選機によって行われます

ロト6の抽選は、東京の内幸町の宝くじドリーム館(所在地:東京都中央区京橋2-5-7日土地京橋ビル1階)で実施され、日時は毎週月曜日と木曜日の18時45分から開始されます。
抽選会が行われるステージ前には30席の客席が設けられており、ステージ上の床は一部が円形の回転式になっており、バックパネルを境にして半分がロトサイド、もう半分がナンバーズサイドです。

この回転式の床を回転させることにより、その日に使用する抽選機がステージ上に現れる仕組みになっています。
ロト6の抽選方法は、電動撹拌式遠心力型抽選機(公式愛称:夢ロトくん)によって行われます。

この抽選機に01~43までの数字が書かれた43個のボールを入れて抽選機上部の攪拌機内で攪拌し、抽選機中部の本数字抽選機のパレットへ落とします。
この球は、全て直径5cm、重量14gと決められています。

この際に使うボールは、抽選開始前に18時25分~18時45分までの約20分の時間を使い、使用する43個の玉に不具合が発生していないか厳密に調査されます。
そして抽選機に入った43個の抽選球が攪拌され、停止後に球が落とされます。

その落ちた球で当選数字が決定することになります。
抽選が終了すると43個の数字の中から選ばれた6個の数字以外の残り37個の数字はボーナス抽選機に移動し、ボーナス数字が決定されます。

毎週の抽選で、激しく球がぶつかり合う攪拌が行われるため、球は摩擦などによって消耗・劣化していきます。
このため、セット球というA~Fまでの10セット・43個ずつの数字が用意されており、このA~Fまでのセット球が順不同でランダムで使用されることにより、球の摩耗による当選のバラつきを最低限に抑えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ