ミニロトの当選番号は予測できるか

ミニロトは、1から31までの数字の中から5つ選んで購入します。
1口の購入金額は200円で、1等の当選金額の上限は4000万円です。
また、1等の見込み金額は1000万円で、これが当選金額の平均となっているようです。

ロト6との大きな違いは、1等の当選者がいなかった場合、ロト6では当選金額が次回に持ち越され、最大の当選金額も2億円から4億円にアップします。
ミニロトにはこのキャリーオーバーがなく、2等以下の当選金額に振り分けられます。

ミニロトの1等に当選する確率は約17万分の1で、ロト6と比べたら雲泥の差があります。
ロトの魅力は、他の宝くじと違って購入する人が自分で番号を選べることです。
つまり、その当選番号を予想する楽しみがあり、そこが人気がある要因でしょう。

現在インターネットでロトを予測するサイトが多く存在しています。
では、当選番号を予測し、確率を上げられる方法はあるのでしょうか。

ロトの抽選方式は、数字の書いてあるボールを箱の中に入れ、機械で攪拌し、遠心力で飛び出してきたボールの番号で当選番号を決めています。

この方法ではボールの大きさが違ったりしなければおそらく、完全確率抽選になります。
予想しているサイトでは、過去のデータを統計して、番号の偏りで予想しているのが一般的ですから、完全確率抽選なのでその信憑性には疑問が残ります。

10年程度のデータでは偏りがあるかもしれません。
ですので、夢をみるために購入する程度にしておいた方が良いといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ロト6

このページの先頭へ