収益を上げるための不動産運営の様々な方法

建物や土地などの財産を不動産と言いますが、ビルや商業施設、マンションなどとして活用する際の不動産運営で多くの競争から勝ち残るためには、不動産運用のコンサルティング業務を行う会社に頼るというのも一案です。
また、運営するにあたっての管理面に関しても、オーナーが自ら設備管理やテナント誘致、賃料交渉、トラブル対応など全て行おうとすれば、非常に大きな労力を要します。

もし、それらをノウハウを熟知した不動産運営管理会社に依頼すれば、建物管理はもちろん、漏水といったトラブルにも対応してもらえますし、建物の管理ルールの策定や運用に関してもアドバイスを受けたり、法的な相談に乗ってもらえたりします。

このような点から、不動産収益のためには運営管理を行う会社に依頼するのが賢明と言えるでしょう。
また、不動産による収益を得る別の方法として、投資信託の一種であるREITがあります。

これは多数の投資家から資金を集め、オフィスビルやマンションといった不動産を複数購入し、その賃貸収入や売買の利益を分配するものです。

利回りを最大化できるのがメリットですが、一般的に不動産への投資というのは他の投資対象に比べると高額となるため、投資する側からすればハードルが高くなります。

それを解消するのがREITで、出資額を低くして危険回避する仕組みになっています。

この投資信託では、REITを元にした資本金で投資対象となる不動産を購入し、不動産流通会社や不動産運営管理会社からの協力を得て貸し出しを行なったり、テナント誘致するなどして、投資対象の価値を高めていく工夫がされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ