簡単にできる不動産投資の方法について

老後を考えて収入を増やし、安定した収入をと考えている人は多く存在します。
最近は金融商品も種類が豊富で投資をする人が増えており、中でも不動産投資は比較的簡単に始められる商品として人気があります。
将来のために上手に資産を運用することを考える人も多く、話題を集めている投資方法の一つです。

この不動産投資はマンションやアパートを購入し、他人に貸すことで家賃収入を得るというもので、運用収益と思われていますが、厳密には物件を取得してから売却して換金するまでのトータルの収益を追求する売却利益の行為にあたります。

現在は二通りの方法が主に行われていて、一つは新築や中古のアパートやマンション、オフィスビル、駐車場などを購入し不動産へ直接投資するというもので、価格は300万円から5,000万円以上と非常に幅広くなっています。

もう一つは不動産に直接ではなく、投資家から資金を集めてオフィスビルやマンション、商業施設といった不動産物件に投資をする方法で、直接取引とは違うので、約20万円前後からの小口の資金で投資ができます。

メリットとしては、本業とは別に家賃などの安定した収入が得られ、公的年金をサポートする私的年金となる、生命保険代わりにもなる、相続税対策に有効でインフレに強いことなどが挙げられます。

しかしデメリットとしては、投資したアパートやマンションが常に満室というわけではなく、空室があれば収入は得られませんし、すぐに入居者が見つかる保証はありません。

優良物件を購入しなければ難しい場合もありますので、よく考えて不動産投資を始めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ