不動産投資分析手法を活用し賢い不動産投資家に

不動産投資を考えている方、既に投資を行っている方、どちらの方でも今後土地や建物の価格が上がるだろうとの希望的観測を元に投資して利益を得ようとしていませんか。
不動産投資に限らず、株式への投資など、実際のデータを詳細に分析することなく単なる予想を元に行なった投資では、狙ったような利益を得るのは困難と思われます。

例えば、株式への投資で言うなら、株価チャートといった株価の分析結果を参考に将来の株価の動向を予測し、その予測結果に基づき利益の確保とリスクが最も小さくなるよう実際の投資先が決定されます。

そして、不動産投資の場合は不動産投資分析という分析方法が用いられ、不動産投資の投資先、投資額、投資時期などを決める際の基礎データとして貴重な役割を果たします。

では、不動産投資分析の手法にはどんなものがあるか具体的に見てみましょう。

真っ先に挙げられるのが「表面利回り(単純利回り)」と呼ばれる分析方法で、これは、年間収入を物件価格で割り算し、100を掛けたパーセント値です。
この表面利回りに実際の物件の値を当てはめて比較すれば、値が大きいほど利回りが大きいということであり、投資先を選ぶ指針の一つとして有効です。

尚、表面利回りの計算に用いる年間収入は入居率によって変わり、満室なら大きな値、空室が多ければ小さい値になるので、実態を表した数字かどうかが分析結果の正確さに影響するため注意が必要です。

不動産分析の手法には他にも、「キャプレート」「DCR(デット・カバレッジ・レシオ)」等があり、こうした分析方法を活用して賢い不動産投資家を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ