海外不動産投資ならインドネシアが狙い目

投資家にとって投資先の分散は、リスクを減らすための重要な方策の一つです。
株式投資で利益を上げている人も、多数の会社の業績や株価の動向を見て、複数の企業に投資しています。
同様に、不動産投資でも、投資先を複数化することによるリスク分散が大切です。

日本では少子高齢化がさらに進むと、国内の不動産投資機会の減少が予想され、不動産市場全体が縮小する可能性があります。
そこで、リスク回避のために、投資先として日本国内のみならず世界各国を対象とするのも有効な手段です。

実際には、経済が成熟化し市場が安定しているため、一定の利益が見込めるアメリカや欧州などが投資先の一つとして有望です。
一方で、インドネシアをはじめとしたアジアの新興国も、今後の発展を考えると投資先の一つに加えておきたい場所と言えます。

まず、インドネシアとはどういった国かを見ていきましょう。

正式国名はインドネシア共和国で、首都はジャカルタ、現在の人口は約2億3千500万人で、人口増も顕著なアジアの雄とも呼ばれており、今後の発展が期待される国です。

その人口の多さもさることながら、金・スズ・石油・石炭・天然ガスなど資源の豊富さも特徴で、こうした経済成長や人口の増加は不動産価値も増大させており、比較的地価が低い今が不動産投資の絶好のタイミングと言っても良いでしょう。

不動産の投資に興味があるなら、国内だけではなく海外不動産への投資、特にアジアでも経済成長が著しく将来性が高いインドネシアへの投資を考えてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ