ブログに掲載されている不動産投資の失敗談

景気が回復傾向を見せている中、公的年金への不安や銀行の低金利などから、積極的な投資への機運が高まってきています。
その手段も多様で株式や為替なども活況ですが、これらの金融商品よりも、実物財産として様々な活用が出来る点などから注目を集めているのが不動産投資です。
一般的に株などと比べると価値が0になることが無いのでリスクが低いとされていますが、失敗をして損失が出ることもあります。

そうした体験談がブログに掲載されていることも多く、これから投資を行う人にとって参考になる内容となっている場合も少なくありません。

具体例としては、まず自力で物件を管理するのには時間や労力が必要なことから、管理を委託した場合の管理費などのコスト負担が事前に考えていたよりも多くなってしまうといったケースです。

一番イメージがしやすいリスクである空室リスクも代表的な失敗の原因の一つで、月々のローンの返済を家賃収入でしようと考えていた場合には致命的になります。

空室だけでなく、資金繰りという部分では延滞というのも大きな問題で、立地の面では、工場や大学などの施設の廃止や移転などによる入居者の減少といった要因もブログに掲載されています。

不動産投資では、必ず利益が出るように書いている企業も多くありますが、投資という以上様々なリスクがあります。
不動産に投資をする際には、このようなブログの失敗談なども参考にして、リスクも十分に理解した上で投資を行うことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ