不動産投資ローン利用の際は融資条件の比較が重要です

住宅ローンという言葉はよく知られていますが、実際に住宅を購入した際に利用した方も多いことでしょう。
一方、不動産投資ローンという言葉はあまり馴染みがなく、どういったものか分かりにくいものです。
住宅ローンは言うまでもなく、個人が持ち家を購入する際の貸付であり、住宅ローンを借りる人の返済能力の如何によって貸付判断がなされます。

これに対して不動産ローンは住宅ローンとは違い、投資用のアパート・マンションや土地購入を目的とした資金調達のための貸付で、事業の投資後の将来性などトータルな採算性によって貸付の可否が決定されます。

また、投資によって少しでも資産を増やそうと考えている人にとって不動産投資は選択肢の一つとなり、手持ち資金が少ない場合、この不動産投資ローンは資金の大事な入手先になります。

不動産投資ローンは多くの金融機関が融資を行なっていますが、実際に利用するとなるとそれぞれの金融機関の間の融資条件の比較が重要です。

それは融資金額や融資期間に違いがあるためで、例えばオリックス銀行の場合、融資金額は1,000万円以上2億円以内、融資期間は1年以上35年以内、融資金利は変動金利・固定金利で、連帯保証人は借入対象不動産の共有者となっています。

次に、住信SBIネット銀行の場合、融資金額は300万円以上1億円以内、融資期間は1年以上25年以内、融資金利は変動金利で、連帯保証人は原則不要です。

不動産投資ローンの利用を検討している方は、各金融機関の融資条件を綿密に比較して、自分にとって最適な条件を採用して不動産投資を成功させましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ