新築物件の不動産投資について

老後の安心のため、安定した投資方法はないかと考えた時に挙げられるのが不動産投資で、中でも新築物件のアパート経営です。
土地を持っていて使用する予定がない時などは有益な投資となります。
また、土地を持っていなくても投資をすることは可能です。

例えば、ローンで土地を買いアパートを建てた場合、そのローンは家賃収入から返済することができます。
自分の給料からローンを支払うわけではないので負担は小さくなり、ローンの返済が終われば土地は自分の持ち物となります。

家賃収入は空き部屋を出さなければ毎月必ず得られるもので、株のような高騰はありませんが下落の危険もなく、リスクが少ないという利点があります。

ただし、アパート経営は年数がたてば修繕補修は必ず必要で、新築から10年くらいたつと壁の補修や、給排水周りなどの修繕が必要な箇所が必ず出てきます。

老朽化を放置しておくと退去者が出たり入居者が決まらなかったり、売却したくても買い手がつかないといったデメリットが大きくなるので、家賃収入の一部は修繕費として積み立てておくように心がけると良いでしょう。

しかしアパート管理は会社勤めなどをしている副業としては難しく、入居者のクレームや家賃の不払いなどの対応も素人では難しいため、管理は管理会社に委託するのが無難です。

24時間対応可能で、他に取り扱っている物件の入居率が高く、アパートのある地域に精通している管理会社を選びましょう。

また、マンションのワンルームだけを購入して投資対象とするワンルーム投資は少ない資金で家賃収入を得ることができ、面倒な管理面での心配も必要ないので、不動産投資に最適です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ