都心のワンルームマンションは不動産投資にピッタリです

一般的に、不動産投資は素人には難しそう、最初の自己資金が巨額といったイメージがあります。
しかしながら、投資というものの実態を把握し、しっかりとリスク対策を行えば安定した収入が得られるのも事実で、現に多くの方が不動産に投資して安定的な収入を得て生活の糧にしています。
勿論、株式や債券といった有価証券も有効な投資対象ですが、そちらにもリスクはあり、不動産に投資するというのも今後の選択肢の一つとして検討する価値があると言えるでしょう。

不動産投資物件としてまず思いつくのはアパートで、この場合は全室を買い取ります。
例えば10室のアパートなら10室全部を買い取ることになり、入居した分の家賃が収入として手に入ります。

これに対し、比較的投資額が少ないのがワンルームマンションです。
ワンルームマンションなら建築時に管理システムが整っているケースが多いので、貸す側も借りる側も安心して貸し借りできます。

但し、アパートの場合とは違い1室なので、入居者が居ない時は家賃収入もゼロになってしまいます。

この入居者がゼロになってしまうリスクの低減には都心や都心に近いワンルームマンションを選ぶことが大切で、今なお拡大を続ける都心では、転勤者や学生の需要が旺盛です。

また、都心なら交通機関が発達しているため、多少駅から離れていても常に入居者がいる確率は高くなります。
不動産投資を検討しているなら、都心のワンルームマンションへの投資はいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ