不動産運用も投資対象として検討の価値大

「不動産運用」という言葉は、資産である不動産を投資のために運用するという意味に理解できます。
言葉を変えると、自分自身が不動産を資産として保有しているかどうかの有無とは関係なく、不動産を投資の「ツール」として利用するということです。
投資対象としては株式や債券といった有価証券が一般的ですが、どんな投資にもリスクは内在しており、リスクの分散という観点からも不動産の運用による投資は検討の価値があります。

では、不動産を投資の対象として運用するメリットは何でしょうか。
まず、自己資金が少ない場合でも不動産投資は可能です。

不動産投資と言えば多額の資金を持った投資家が行うものと思っている方も多いかも知れませんが、金融機関からの借入や不動産投資提携ローン等をうまく使えば、比較的少ない資金でも始められます。

現に、頭金ゼロで融資を受けてスタートした人もいるほどです。
そして、一旦不動産投資が軌道に乗った段階で自動的に収入が見込めることで、つまり、毎月の家賃収入として一定の収入が得られるようになります。

従って、病気になって働けないといったケースでも安定した収入源を確保できるのです。
また、定期的な家賃収入は、退職後年金が貰えるまでの期間、及び年金では不足する分の生活費の補填の意味合いからも有用です。

この様なメリットがある不動産投資にも、空き室が続く、借入金の金利が上昇するといったリスクがあります。

資産運用のための投資を計画している方は、メリットとデメリットを踏まえ、不動産運用も投資対象として検討してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ