様々な面から考える不動産で儲ける方法

不動産で儲ける方法は、通常考えられる方法としては、マンションやアパートといった賃貸物件を購入し、人に貸すことによりその賃貸収入を得るという方法や、値上がりすると思った土地などを購入して転売するといったことがあると思います。
現在、こうした直接的な不動産投資に加えて、投資対象となっているのがREIT・不動産投資信託です。

REITは日本では2001年にスタートした比較的新しい投資信託で、投資法人と呼ばれる不動産への投資と運用を行う会社へ出資してその利益の分配金を受け取るというものです。

複数の出資を1つの集まりとすることによるスケールメリットを活かして、個人では売買の難しいオフィスビルやショッピングモールなどの商業施設といった大規模な不動産にも投資が可能になります。

また、利益を得るという意味でなく節税分を儲けるとするのであれば、高層のタワーマンションへの投資も相続税対策として注目です。
通常、高層マンションの場合には、同じ間取りであっても高層階、そして窓が南向きであったりする条件によって販売価格が変わります。

しかし、マンションにおける相続税の評価額は、単に面積だけを基準に評価額が設定される特徴を利用すると、この販売価格から算出される売却価格と、評価額の差額が節税出来るというものです。

このように、不動産で儲ける方法と一言で言っても様々な方法があり、小資金で出来るものから余剰資金が豊富に無いと出来ないものまであります。

自分の状況に合わせた投資方法を選んで、利益を上げる事を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ