マカオへの不動産投資と移住について

マカオは1999年までポルトガルの植民地でしたが、中国へ返還されたものの、返還後50年間は自治などの現状の状況を継続するということが取り決められているため、ポルトガルが公用語として使われています。
この域内では多くのカジノが運営されていて東洋のラスベガスとも言われ、実際にラスベガスの資本も参入して隣接したホテルなどの整備も行われたことで観光産業が盛んです。

そんなマカオへの不動産投資に関しての魅力としては、不動産市場の急速な発展が挙げられ、その要因も投機目的で購入した外国人投資家によるものではなく、地元の市民による安定した需要により安定した不動産価格の状況が挙げられます。

また、近隣の香港に比べて不動産相場が約半分という割安感がある上、外国からの投資家でも投資がしやすい環境が整っているのも大きな特徴です。
法人税率12%で個人所得税率が10%という魅力的な税制のために、移住や法人設立に関するサポートを行ってくれるところも多くあります。

一定の不動産投資や現地銀行への預金で永住権を取得出来、この永住権プログラムにおいては、市民の医療と教育に関して12年間無料となるメリットや50ヵ国を超える国へのビザなし渡航が出来るといった恩恵を受けられるのは大きな魅力です。

海外不動産投資において得た収益も、日本の居住者であれば日本で課税される仕組みとなっています。

そのようなことから、マカオへの不動産投資を考えている方は、海外での暮らしに不安はあるかもしれませんが、移住も検討して資産運用にあたってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ