不動産投資にかかるローン金利を抑える工夫

不動産投資において、他にサラリーマンで給与収入があるなどの場合は受ける融資は事業性の融資となり、この融資はアパートローンと呼ばれています。
この融資は通常のマイホームへの融資の金利よりは高く、事業性という性質も相まって審査が厳しくなっているのが特徴です。
そこで一つ検討したいのは、賃貸併用住宅という方法です。

この方法であれば、マイホームへの融資とみなされて低金利で融資を受けることが出来ます。

その要件としては、この物件の中でマイホームの居住部分の面積が一定割合を超える必要がありますが、この条件をクリア出来るのであれば挑戦してみるのもいいでしょう。

その他、銀行とノンバンクで比較すると、借りやすさであればノンバンクですが、金利面でみるともちろん銀行の方がかなり有利なので、銀行で借りられるのが最良の選択であると言えます。

また、ローンの組みやすさという点では、大手の銀行よりも地方銀行と言われているので、大手の銀行に断られてしまった場合、地方銀行に行くのも一つの方法です。

その代わり、地方銀行の場合には、この地方銀行のある地域の物件でしか融資が受けられないということもあり得る為、この点には留意して下さい。

このように、不動産投資に関してローンを受けるにあたっては、自分の収入などに見合った条件の金融機関を選ぶとともに、融資の方法に関しても事業用の融資にはならないように考慮して、有利な条件で融資を受けられるように工夫しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ