名古屋不動産投資には3層スキップフロアのアパート経営がお勧め

名古屋不動産投資には、3層スキップフロアを採用したアパート経営が有利です。
3層スキップフロアとは、文字通り1つの部屋に3層のフロアがあり、少ない床面積ながら自由で広がりを感じる空間を形作ることができます。
使い方の例として、1層目にリビングと水回り、3層目をロフトとして寝室空間に、間の2層目は収納や自由な空間とします。

名古屋は愛知県の県庁所在地として、又、日本国内でも3位の人口を有する、政治や経済そして文化の中枢都市として機能しています。
中心部には名古屋城や熱田神宮など観光名所もあり、官公庁やオフィスビル、商業施設が建ち並び、行き交う人々で賑わいを見せています。

経済都市として企業から異動してくる転勤者も毎年増え続ける一方、国立の名古屋大学をはじめとする多数の大学など学術機関を擁している為、人的な出入りも多い地域です。

加えて、最近の国土交通省のレポートによる名古屋地域の地価動向はプラスに転じ良好であるとの結果も踏まえると、今後地価の上昇の可能性が高いと予想されます。

このような地域性や地価上昇を念頭に入れた名古屋不動産投資は、合理的理由が揃い、条件も良いと言えます。
そこで、資産運用を考えるなら、ワンルームのアパート経営、それも3層スキップフロアを採用した構造のアパートを建てることをお勧めします。

安定した収入確保に必要な3つの要素、入居者の心を掴む外観や間取り、好立地条件、将来性の全てを兼ね備え、アパートの付加価値をさらに上げれば、家賃や入居率のアップに繋がること必至です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ