不動産投資としての安定したアパート経営の新しい手法

賃貸アパート経営は、供給過剰の状態が続いている傾向があります。
一方、これまでは公益法人や一部の民間企業が運営してきたサービス付き高齢者住宅に、個人でも参加が可能になりました。
それは、供給過剰の賃貸住宅を国が積極的に高齢者に活かそうと法改正をした為です。
この法改正によって、今まで賃貸住宅に入居することができなかった高齢者が賃貸住宅に入居ができるようになります。

また、介護を必要をしている高齢者も安心して賃貸住宅に入居ができるようになるのです。

貸主側からすると、この制度を利用することにより、不動産投資として賃貸アパート経営を安定して経営することができるメリットがあります。

高齢者向けに賃貸住宅を改装した場合は国からの補助金の交付がありますし、また、サービス付き高齢者向け住宅の場合は、家賃収入に加えて介護サービス報酬や診療報酬が入ることになります。

その上に、空室率の軽減にも繋がります。
更に、固定資産税の軽減といった税制優遇があり、この制度は、このように貸主にとっては、安定した賃貸住宅経営ができるメリットがあります。

そして、高齢者にとっては、賃貸住宅に入居をすることができる上に、医療や介護といったサービスが加わることで安心して暮らすことができます。

この制度は、現在賃貸住宅の経営をしている個人のみだけではなく、新たに不動産投資を考えている人にも有効です。

例えば、土地を持っている所有者は補助金交付と融資を活用することにより、初期投資を節約することができます。
このように、高齢者を対象とした賃貸住宅経営をすることで、安定したアパート経営が可能になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ