ニューヨークの不動産投資は賃貸マンションがお勧め

ニューヨークで不動産投資を行うのであれば、賃貸マンションへの投資がお奨めです。
特にマンハッタン地区の賃貸マンションは歴史的に見ても価格のボラティリティが低く、値下がりしにくい傾向があります。
マンハッタン地区の賃貸マンションが値下がりしにくい理由は、まず第一にテナントの需要が非常に強いという点が挙げられます。

マンハッタンはアメリカの経済の中心地であり、多くの人々が流入してくるので、賃貸マンションへの需要が非常に強いのです。

そして強い需要の反面、マンハッタン地区は小さい島のような形となっていてスペースがあまり無いため、賃貸マンションの新規供給があまりありません。

この強い需要と少ない供給という構図が、マンハッタン地区の賃貸マンション市場を支えています。

ニューヨークマンハッタン地区の賃貸マンションの入居率は現在98パーセント程度であり、歴史的に見ても常に90パーセント以上の入居率を誇っています。

そのため、多少物件が古かったり設備が悪くても、需要が強いために値崩れを起こしにくいです。

この地区の賃貸マンションが値下がりしにくい第二の理由は、マンハッタン地区のマンションに投資をしたいという投資家が非常に多いからで、数少ない投資案件を多くの投資家が購入しようと狙っているため、競争原理が働き、価格に上昇圧力がかかっています。

歴史的にみても、マンハッタン地区のマンション価格は右肩上がりで上昇しており、リスクは低いと考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ