不動産経営で老後の貯えアップ!不動産年金

皆さんは、不動産年金という言葉を耳にしたことがありますか。
近年、公的年金だけでは定年後の資金を考えると、趣味を楽しんだり、旅行に行ったり、外食をしたりなど、老後の時間を思うように楽しめない可能性があります。
そこで、不動産を経営することで、今から老後のために貯える不動産年金という言葉が出てきました。

では、不動産経営をするにはどうしたらよいでしょうか。
そこで、不動産経営を始める前のポイントを紹介します。

ポイント1は、不動産への投資目的を確認することで、ポイント2は、リスクを理解しリスクに対して十分な備えをすること、ポイント3は、相談のできる不動産業の知り合いを持って、条件の揃った物件を選ぶことです。

これらのポイントを抑えて、リスクについても考えてみましょう。
リスクには次の様なものが考えられます。

空き室や家賃滞納、家賃の下落、物件価格の下落、建物老朽化に伴う修理、地震による建物倒壊、金利上昇、管理会社の倒産などです。
では、これらのリスクを回避するにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは、交通や買い物など利便性のよい物件で、新耐震設計法施行以降の物件を選ぶことをお勧めします。
その時に、近隣物件の空室状況や家賃相場を事前チェックし、管理組合が機能しているかについても事前にチェックをしておきましょう。

さらに、家賃保証会社の活用や厳重な入居者チェックをお勧めします。
また、金利の上昇を考え、借入は物件価格の35パーセントに抑えます。

修繕費を貯蓄するための修繕費積立金の口座は、管理会社の倒産を回避するため、管理会社名義ではなく管理組合名義にすると良いでしょう。
上記のようなことを考えて、老後の時間を楽しく過ごすために不動産を経営し、貯えを増やしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ