不動産投資が他府県よりも活発な大阪

数ある投資の中でも、不動産投資はミドルリスク、ミドルリターンと言われ、多くの人が手がけています。
株式投資のように、失敗すれば手元のお金がゼロになる可能性はありません。
その理由は、元手が土地だからです。

所有物件の売買や賃貸料が収益となる投資ですので、収益が減ることはあってもゼロにはなりません。
また、一部のラッキーな物件を除くと、株やFXのようにあっという間に数倍にということもなく、そこが、ミドルリスク、ミドルリターンと言われる理由です。

さて、この不動産投資に手を出す素人に、なぜかサラリーマンが多い傾向があります。
それも売買による収益ではなく、賃貸料を収益とするタイプに多くいます。

インターネットでこの言葉をキーワードに検索するとわかりますが、「年収いくらでお金持ちになれる」とか、「低所得のサラリーマンが優雅に生活できる方法」などというサイトを多く見受けられます。

それだけ、この投資で利益を得るサラリーマンが多いのでしょう。

もちろん、居住者が少なかったり、地価が下がったり、自然災害で不動産にダメージがあったりというマイナス要因はありますが、通常の場合、居住者さえいれば収入はコンスタントに入ってくるわけです。

手間を惜しむならば大家をおけばよいですし、少しでも経費を抑えたいなら自分で管理人の働きもすれば更に効率的です。

さて、この投資が他府県よりもかなり活発な地域といえば大阪で、多くの会社や住居があるのですから当然といえば当然ですが、何といっても対象物件が多いという特徴があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ