個人不動産の中身を知りませんか

個人不動産には、土地およびその定着物、土地にはその構成部分たる地中の土砂岩石なども含まれます。
定着物とは、継続的に土地に付着されたもので、建物、樹木、橋、石垣などがこれに属します。
定着物は原則として土地の一部として取り扱われ独立の不動産とはなりませんが、次のような例外もあります。

建物は、土地から独立した別個の不動産として取り扱われることと、樹木の集団は「立木」による登記をすることによって独立の不動産となることです。
不動産はその所在が一定していることから登記制度が進化しており、その権利の変わったという事を登記をしなければ第三者に対抗できません。

不動産は、長い歴史のなかでも最近になるまでは、個人あるいは家族に保有する総財産のほとんどを占めていたことから、一般に財産的価値が高いと厳密な取り扱いを受けてきています。

また、強制執行も慎重な手続きを経て行われる仕組みになっています。
そして、本来は不動産では無くても、法律や行政上の観点から不動産として扱われることがあるものに船舶や航空機、鉱業権などがあります。

「固定資産=不動産」だけではありません。
不動産を変動させるには、その土地の所有者、登記の有無、名寄帳での確認、許認可の申請(農地法・行政書士・司法書士)が必要になります。

新しく土地付き住宅を購入する場合でも、マンションを購入する場合でも、その物件が問題を抱えていないか、事前に調査する必要があるでしょう。

一生の中で一番心躍る大きな買い物です。
地形や地理、利便性を考慮し、より慎重になって当然と考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ