将来を見据えた20代不動産投資法

年功序列制度が崩れつつある日本企業では、かつてのように年齢が上がれば自動的に給与も上がるという状況では無くなりました。
少なくとも、管理職以上になることが出来る社員は限られることになり、社内で出世することが出来なければ当然給与も上がらないという状況になっています。

このように、実力主義制度を導入した企業においては、実際に多くの社員の給与が据え置かれることになり、将来の生活設計に誤算が生じることもあります。

このような状況からも、自分の生活は自分で守るという意識が大切で、20代不動産投資法が大きな注目を集めています。
この投資法は、若い時に不動産を購入し、賃貸物件として貸し出すことで家賃収入を得て将来に備えるというものです。

このような投資法では、利回りの高い物件を選ぶことが必要となりますが、銀行のローン金利が低い今が最適な投資時期だと言えます。
また、投資する物件については、アパートを1棟購入し、複数の部屋を賃貸として貸し出すことがポイントです。

マンション1部屋を賃貸として貸し出すと、多くの場合は空き室期間は無収入となりますが、複数の部屋を賃貸物件とすることで空室のリスクを分散することができます。

また、自分自身も購入したアパートに入居することによって家賃を払わずに済むことから、一石二鳥のメリットがあります。
このように、家賃収入をローンの返済に充てて、自分が中年以降になった時にはすでにローンの返済が終わっていることが理想です。

その後は、家賃収入が全て自分の収入になることから、マイホームを購入するにしても副収入にするにしても大変心強い資産となります。
このような20代不動産投資法を活用して、若くして資産家となることが安心した老後を過ごすためには大切なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ