銀行などの金融機関が中古ワンルームマンションでも不動産投資ローンを取り扱うようになってきました

中古ワンルームマンションやアパートで不動産投資をしようと思っているのであれば、資金調達方法もしっかりと考えておかなければなりません。
銀行などが不動産投資に対してどのような姿勢なのか把握しておきましょう。

少し前までは、金融機関はアパートローンという1棟アパート向けのローンを積極的に扱っていましたが、中古ワンルームマンション等小規模の物件に対してはローンを付けてくれませんでした。

これは、土地まで所有しているアパート保有者には担保価値が見いだせるけれども、中古ワンルームマンションのような区分所有者には担保価値が見いだせないということを表していたのです。

しかし、最近ではこの傾向が変わってきています。
つまり、金融機関が中古ワンルームマンション等に対しても、不動産投資ローンを積極的に組むようになってきたのです。

これには、金融機関側の事情があります。
銀行をはじめとする金融機関の本来的な仕事は、企業に事業資金を貸出したり、個人の顧客に住宅ローン等を組むことです。

しかし現在では、事業資金融資は低迷を続けています。
貸したいような先はお金を借りてくれませんし、借りたいと言ってくる先には貸せるような状況ではありません。
また、住宅ローンは低金利競争に巻き込まれています。

そのような中で不動産投資ローンは、中古ワンルームマンション投資ブームもあって活況であり、しかもそこそこ金利が取れるので魅力的に映ってきたわけです。
中古ワンルームマンション投資を検討しているのであれば、銀行に資金調達の相談をしてみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ