不動産投資における自己資金の割合は自分でいろいろ試してみると良いです

中古ワンルームマンションで不動産投資をしようとしているのであれば、借入れをしてレバレッジ効果を享受することをお勧めします。
しかし、ローンを組む場合に、どれくらいの自己資金を用意すれば良いのかということに悩むかもしれません。
フルローンに近いほど、投資の効率性は上がりますが、リスクも高まります。

かといって、全額自己資金で購入した場合には、リスクは低くなりますが、効率性も下がります。
結論から言えば、自分でどの程度が良いのかを探っていくことが良いでしょう。

当初は、半分くらいにしておくことをお勧めします。
そしてその時に、キャッシュフローに無理を感じるかどうかを自分で確認するのです。

ローンを組んで、中古ワンルームマンション投資を始めてみたものの、毎日ローンのことを考えているようであれば、それは、その人にとって借入割合が大きいことを示しています。

少し繰上返済をして、毎月の返済額を減らしていってみましょう。
一方で、毎日の生活の中でローンを忘れてしまっているくらいであれば、まだまだローンに対する許容量はあるということです。

次に、投資不動産物件を購入する時には、もう少し自己資金を減らしてみても良いでしょう。
ローンとの付き合い方がわかってくると、資産運用も面白くなってきます。

そして物件の数が増えていくと、ある時から収入が加速度的に増えていくものです。
この状態になれば、不動産投資は次のステップに突入したと言えます。
しかし、ローンの割合は常に意識しておくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ