公務員に最適な副業は不動産投資

不況によって企業業績が悪化したことで、給与の削減が行われることは民間企業にとっては当たり前のことですが、公務員もすでに他人事ではなく、財政難から国や地方自治体は職員給与の削減を行っています。

民間企業であれば、企業側が社員に副業を認めるなどの措置を行っている企業もあり、社員自らが自衛のために週末にアルバイトなどの副業を行っていることもあります。

このような状況の中で公務員は、給与を削減されても副業は基本的に認められておらず、自らの生活を守ることが出来ません。
実際に隠れて副業を行って処分される職員もいることから、適正な手続きを取ることが副業を行うためには必要となります。

国や地方自治体の職員が副業を行う場合には、管理者などの許可が必要となりますが、多くの場合は許可が難しいことから、実際に副業を行うことは困難な状況です。

しかしながら例外的に認められている副業があり、それは、農業や不動産賃貸業です。
このような状況からも、国や地方自治体の職員が副業を行うには、不動産投資が最適になります。

実際に副業を行うといっても、賃貸アパートなどの経営は土日などの休日を利用して行うことができるため、多くの場合は本業に支障が出ることはありません。

また、投資を行う場合には資金が必要ですが、国や地方自治体の職員であれば、金融機関からの借り入れも行いやすいことから、実際に不
動産を購入して大家業を行うことで、給与削減が続く状況から自分の生活を守ることが出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ