不動産投資を始めたら自分で税金を申告する必要があります。

サラリーマンは税金を源泉徴収されているので確定申告をする必要がありませんが、中古ワンルームマンション等で不動産投資を始めたのであれば、確定申告をすることを忘れてはいけません。
中古ワンルームマンションからの家賃収入は不動産所得となります。

収入がある時に確定申告をするのは当然ですが、注目するべき点は、収入がなくても、つまり、赤字になっても確定申告をするということです。

なぜならば、不動産所得上の赤字は、給与所得と損益通算をすることができるからです。
つまり、収める税金が少なくなります。

但し、気をつけなければならない点は、赤字になればどんな場合でも損益通算ができるわけではないということです。
ローンの返済をしている場合、土地の部分に対する利子は、損金不算入となります。
つまり、損益通算をする際には、経費に含んではいけないということです。

中古ワンルームマンション投資を始めて赤字にならないことに越したことはありませんが、赤字になった場合にも、その赤字を有効活用できるようにしておきましょう。

また、中古ワンルームマンション投資を始めた場合には、青色申告の申請書を確定申告前に提出しておくことが大切です。
青色申告者となれば、帳簿がきちんと揃っていることを条件に、少なくとも10万円の所得控除を受けることができます。
このように、不動産投資をする際には、税金について色々調べておけば、納税を最小限に抑えることができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ