不動産投資が相続税の節税になる理由は相続税評価額です

今、相続税の改正案が議論されていますが、今回の改正は増税を目的としていることは明らかです。
注目すべきことは、税率が上がるだけではなく、基礎控除額が4割も減額されてしまうということです。
これは、課税対象者の裾野を広げることを意識しています。
そこで注目されていることが、不動産投資です。

なぜならば、賃貸物件を保有すれば相続税の節税をすることができるからで、不動産会社が開催するセミナーでも、相続税について話をする時間が長くなってきました。

中古ワンルームマンションやアパートなど、貸家を保有すれば確かに節税になります。
これは、相続税評価額が時価よりもかなり低くなるためです。

つまり、1000万円の現金で買った中古ワンルームマンションは、1000万円をはるかに下回る相続税評価額となるのです。
ただし、中古ワンルームマンションを買っただけで満足するのではなく、さらにもう一歩推し進めていきましょう。

それは、贈与をするということです。
贈与をしてしまえば、中古ワンルームマンション等、賃貸物件から上がってきた家賃収入は受贈者のものとなります。

つまり、贈与者に家賃が入らないので、新たに相続財産が貯まることはありません。
ここまでやれば、かなり節税効果が高くなります。

しかし、不動産投資は空室リスクが伴うため、どのような物件でも良いと言うわけではありません。
相続ばかりにとらわれず、不動産投資であるという観点を忘れず、空室となりにくい物件を選ぶようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ