不動産投資ローンを利用する時には、不動産投資の利回りと入居率との兼ね合いをしっかりと考える

不動産投資をする際には大きな金額が動きますので、すぐに支払うことができる方はそう多くはいません。
しかも、数千万円単位になりますと、なおさらです。
そこで利用を考えていかなければいけないのが不動産投資ローンというもので、これは、不動産投資をする時に利用できるローンです。

非常に利息が低くなっていることが特徴で、住宅ローンと同じような利息率になっています。
そして、不動産投資ローンを利用する時にしっかりと考えていかなければいけないのが、不動産投資の利回りとの兼ね合いです。

ローンの利息が上回ってしまった場合、それは全く意味がないものになりますので、基本的に利回りと利息の計算はしておくことが大切なのです。

また、利回りについては、あくまで入居率が100パーセントだった場合というものになっていることが多いので、利回りそのものではなく、入居率も頭に入れて計算することが必要で、それでも対応できる利息のローンを活用していくべきだと言えます。

最悪としての計算でしたら、入居率が70パーセント前後になってしまうような想定も必要になってくることがあるでしょう。

たとえば、5パーセントの利回りで入居率が70パーセントでしたら、単純計算で約3.5パーセントの利回りとなりますので、それ以下になるようなローンの利息を探してみることをお勧めします。

基本的には、2パーセントほどの利息で探してみると、さらに安心できる投資となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ