サラリーマンの不動産投資について

サラリーマンにとっては、今後の将来を考えると、増税があったり社会保険料の支払いが増えたりとあまり景気のいい話はありません。
何とか給与を上げようと努力をしても、ここ十年くらいは、統計においても平均給与はほとんど上がっていない状況です。
今後の国内の経済状況を考慮すると、劇的に景気が良くなると考える人はあまりいないでしょう。

こうした状況下でも、サラリーマンが始められるものとして、不動産投資があります。
こうした資産運用について、関心を持つ方も増えてきています。

不動産投資は副業でもできるので、普段平日は勤めている忙しい方でも始めることが可能です。
また、退職後にこうした投資を始める方もたくさんいますし、退職後の年金についても今後は安心とはいえないので、こうした運用に関心を持つ方は多くなってきています。

この投資では、初めに大きな自己資金が必要になります。
こうした資金は銀行などの金融機関から長期ローンで借りることになりますが、この場合、毎月安定した収入があるサラリーマンは利用しやすいものです。

但し、住宅ローンの利用時よりも高い金利でローンを組む必要があることは、しっかりと考慮する必要があります。
またローンの返済計画についても、しっかりとした資金計画を立てることが必要です。

対象不動産の入居者の家賃が収入になるので、空き室が多くなるとそれだけ収入が減ってしまいます。
この投資では、いかに空き室を少なくすることができるかが成功への鍵になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ