不動産投資事業とは、不動産を購入して貸したり売ったりすること

不動産投資事業とは、マンションやアパートといった不動産を購入し、その購入した物件を貸したり売ったりすることによって収益を得るという投資方法です。
購入した不動産を、値上がり後に売却して利益を売る売却利益と、購入した不動産を長期にわたって保有し、家賃収入で投資資金を回収する運用利益という方法があります。

投資のメリットとして、不動産を持つことにより家賃収入を得ることが出来る点が挙げられます。
自分で管理することが難しい場合には、不動産管理会社がありますのでそこに委託することも可能です。

優良な不動産を購入することにより、安定的な収入となるでしょう。
不動産投資の家賃収入は、給与所得とは別に申告することになります。

建物の減価償却費やローン金利、固定資産税などの必要経費が認められますので、経費を家賃収入から差し引き、赤字があれば給与所得から所得税や住民税の節税効果も期待できます。

また、今問題となっている年金ですが、投資用の不動産を購入して安定的な収入を確保すれば、公的年金にプラスして安定的な収入を得られますので、定年までにローンを完済しておけば、家賃収入を個人年金として確保することが可能です。

不動産投資事業は、資産運用になります。
以前は一部の資産家や地主さんの資産運用方法というイメージがありましたが、今では一般の人でも活用できる投資となっています。

今は、ローン金利の下落に加えて、物件の管理が格段と楽になっていることがあります。
長期的にもメリットの大きい資産運用ですので、基礎からしっかりと学び始めていくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ