不況と言われている中、不動産投資により個人資産を運用し収益を上げていく不動産投資家は、年々増えています

不況と言われている中、不動産投資家は年々増えているようです。
不動産投資家は、不動産投資により個人資産の運用や資産計画によって収益を上げていきます。
不動産投資のメリットは、収入が安定するという点にあります。

不動産投資を始めるには、多額のお金がないと始められないと思われがちですが、実はそうでもありません。
マンションやアパートを購入し、他人に賃貸することで家賃収入を得ることが出来ます。

運用収益することにより、物件を取得してから売却するまでにあたり収益確保になり、また私的年金の手段にもなるのです。
年金として個人年金や公的年金がありますが、長い老後の生活には、このお金で足りるのかという不安が高まります。

不動産投資を行い定年までにローンを完済しておくことにより、老後に支給される年金と加えて安定した家賃収入の確保につながるのです。
不動産をローンで購入しますと、団体信用生命保険に加入することになります。

万が一、ローン返済中に死亡したりした場合でも、団体信用生命保険が適用され、ローン残高は保険から支払われますので残された家族も心配ありません。

また、不動産投資にはデメリットもあります。
主な収入源となるのは賃貸の収入なので、空き室になりますと家賃収入は見込めません。
そうしたリスクも考えておく必要もあります。

建物というのは年々老朽化していきますので、長期にわたる修繕計画も検討していきましょう。
不動産投資をこれから始める人は、メリットやデメリットがあるということを頭に入れ、考えていかなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ