不動産投資信託のメリットは沢山あります

資産運用の手段として株式投資を選んでいるのであれば、そこに不動産投資信託を加えると良いでしょう。
この金融商品は、不動産投資を証券化し小口販売しているもので、株式市場で株式と同じように売買することができます。
メリットはいろいろあり、例えば、不動産に投資をしているのに、流動性が高いということです。

実物不動産の場合、売買は相対取引なので、売るとなると、まず不動産会社に依頼して相手を見つけてもらわなければなりません。
そして、相手が見つかったとしても、売買契約を交わしたり、登記をしたりと手続きに時間がかかります。

しかし、不動産投資信託であれば、証券会社に注文の電話をするか、自分でインターネット上でクリックすれば売買は成立です。
書類のやり取りなど、面倒な手続きは不要となります。

また、株式と同様に売買損益については、損益通算をすることができます。
株式や株式投資信託との売買損益と通算をすることができるので、不動産投資信託を持っていれば、分配金と株式の損失を相殺でき、保有資産が良質になっていくのです。

さらに、小口であるうえに同じ銘柄を複数口保有することができるということも大きなメリットです。
もしも1口購入してみて、自分が気に入ったのであれば買い増しをすることもできますし、気に入らなければ売却して取引を終了させることもできます。

実物不動産の場合には、気に入ったからといって、同じ物件をいくつも保有することはできません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ