収益物件を買おうと思っているならJリートでの不動産投資を考えてみても面白いです

中古ワンルームマンションなどの収益物件を保有して不動産投資をしようとしているのであれば、Jリートを保有してみるのもお勧めです。
Jリートは、不動産投資を小口販売できるように証券化したもので、株式市場で売買することができるため、証券会社に口座さえ保有していれば、誰でもいつでも取引をすることができます。

Jリートの魅力は、いくつもあり、投資口価格が数万円から数十万円という少額で買えることもメリットですし、簡単に売買できることもメリットです。

しかし、もっと大きなメリットがその資産規模で、Jリートの場合、数百億から数千億の資産規模で運営していますが、個人では到底行えるような額ではありません。

そして、規模が大きいためにスケールメリットが活かせます。
管理会社との管理料の交渉をすることもできますし、金融機関とも金利の交渉をすることができます。

個人で管理料や金利の交渉をしても、中古ワンルームマンション1戸や2戸では相手にもしてくれないものです。
また、資産規模が大きいということは多数の物件を保有していることでもあるので、空室リスクの分散も出来ているということになります。

特にマンションなど、住居系のJリート銘柄の場合、その管理戸数は数千戸から1万戸を超える数となりますので、1戸や2戸空室になるたびにヒヤヒヤすることはありません。

基本的にJリートに投資した場合、年2回の分配金を受取り、投資主総会に参加するくらいでいいので、手間がかからないというのも魅力のひとつです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ