安定的な収益を望むことができる不動産投資とは

中古ワンルームマンション投資で安定的な収益を上げたいと考えているのであれば、東京23区内で3戸以上の中古ワンルームマンションを保有することを目指しましょう。
不動産投資で一番気をつけなければならないことは空室ですから、空室にならないような物件を選ぶことが何よりも肝心です。
投資利回りや家賃設定などは、付録的な問題になります。

空室を作らないためには、人口が集まる都市にある中古ワンルームマンションを購入する必要があります。
この観点からも、東京23区内は最も適したエリアなのです。

なぜならば、東京23区内は、日本の人口が減少していく中でも緩やかな人口増加トレンドが期待されています。
今後も、大規模再開発が続き、交通網も整備されますし、大学のキャンパスも最近では都心回帰を始めています。

それだけ、人口が増える要因は整っているというわけです。
そして、中古ワンルームマンションを3戸以上保有する理由は、空室リスクを低減するためです。

実は、中古ワンルームマンション投資で一番空室リスクが高いのは最初の1戸を保有している時で、2戸3戸と数を増やせば増やすほど、家賃がゼロになる可能性は低くなります。

また、入居者のいる中古ワンルームマンションを3戸も保有するようになると、加速度的に収入が増えます。
とりあえず中古ワンルームマンションを1戸購入して様子を見たいと思っているのであれば、中古ワンルームマンションを購入するより不動産投資信託を保有することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ