最近では多くの証券会社が取り入れているオンライントレード

インターネットが十分に普及する前は実店舗を持つ証券会社がほとんどで、取引については店舗や電話といった手段で行われてきました。
しかし、近年パソコンはもちろんですが、携帯電話やスマートフォンの普及に伴って、ネットを介して取引を行うオンライントレードを取り入れる会社が増加し、こうした取引に特化した実店舗を持たない会社が多くなっています。
実店舗を持たない会社はネット証券などと呼ばれ、店舗維持費や人件費を圧縮することで取引に掛かる手数料を安価に抑えているのが特徴で、人気を集めています。

そのような会社が出てきたことから、これまでの実店舗を持つ証券会社においても、オンライントレードをほとんどの企業が取り入れ、手数料といった費用で競争が起こっています。

口座開設時の費用や口座維持費用がほとんどの会社で無料になったのもこうした競争の中で起こったことで、それによって気軽に利用が出来るようになりました。

さらに2014年からは、上限額が決まっているNISA口座内での利益については非課税とする、NISA・少額投資非課税制度が導入されています。

身近になったインターネットでのオンライントレードと手数料面での競争、そして新たな制度による後押しによって、投資への敷居が低くなってきているのです。

これまで、証券会社を使っておらず資産運用を特に考えてこなかった人も、株をはじめとした投資を始めるチャンスとなっていますから、少しでも興味があれば資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オンライン証券

このページの先頭へ