オンライントレードを前提に証券会社と契約するメリット

最近の証券会社はオンライントレードに対応しているところが増えてきています。
顧客にとって、ネットでのトレードには複数のメリットがあります。

たとえば、株価に影響があると思えるニュースが流れた時に、素速く売買を行えます。
インターネットに常時接続していて、パソコンをずっと起動していたり、タブレットを家のどこにでも持っていくという場合、ニュースをかなり早く閲覧することが可能です。

テレビの場合はニュース速報などを除いて、報道番組でしかニュースを見れませんが、ネットの場合は新聞社などの報道機関がホームページでリアルタイムで配信しているので、いつでもどこでも、ネットに繋がっている端末があれば最新の情報を見られるわけです。

また、株価もリアルタイムで見られるようになったので、ニュース後の株価の変動もすぐにチェック出来ます。
例えば、タブレットでニュースサイトを見ていて、特定の会社の株が上がりそうだなというニュースが配信されたら、すぐにそこから証券会社のページにアクセスするか、あるいは証券会社のアプリを起動して口座にアクセスし、株を買うことが可能となっています。

このスピード感は、オンライントレードならではと言えます。
長期保有目的で株を購入するというのではなく、1日に何回も売買するようなデイトレード主体で取引をしたいという人であれば、最初からオンライントレードのみでの取引を考えると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:オンライン証券

このページの先頭へ