大手で安心という評判のSMBC日興証券

SMBC日興証券は、三井住友銀行が100パーセント出資している証券会社です。
元々、SMBC日興証券の前身は野村證券、大和証券と共に、日本の3大証券に数えられていた日興コーディアルグループの運営によるものでしたが、紆余曲折の末、現在の位置を占めるようになりました。

証券会社としての評判は良く、元々、規模の大きな会社だったため取り扱っている投資商品が多く、使用するツールの使い勝手の良さや、手数料の安さを挙げる利用者が多いようです。

また、大手で安定感があるためか、堅実に資産運用したいという利用者が、SMBC日興証券には多いとされています。
では、どういった点が利用者に評判なのでしょうか。

まず、SMBC日興証券には、インターネットでのオンライントレードを行なえるダイレクトコースと、従来通り支店で担当者に説明を受けて取引を行なう総合コースの2つがあります。

このうち、ダイレクトコースは信用取引手数料が無料になるなど、様々なメリットがあるので利用者に好評です。
また、SMBC日興証券では、他の証券会社より高金利の個人向け債権を多く取り扱っています。

これは、SMBC日興証券が債権の主幹事証券会社になることが多いためです。
主幹事証券会社は、債権の取り扱い数が多くなったり、他の証券会社で扱うことの出来ない特別な証券も扱うことが出来ます。

このため、債権を行なう利用者の間では、魅力的な証券会社だと評判が高いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日興証券

このページの先頭へ