松井証券株式会社はネット証券の先駆けの証券会社である

松井証券株式会社は、オンライントレードの発祥の地とも呼ばれた老舗の証券会社の1つです。
従来は、証券外交員が顧客の元を訪れて、株式に出資するように営業活動を行い、顧客は証券会社に電話をかけて株式売買に対する指示を行なってきました。

それが、インターネットの拡充とその接続スピードの速さによって、急速にオンライン取引に移行し、誰しもパソコンとネット接続環境さえあれば、取引が出来るようになっています。

それを、業界で初めて打ち出したのはこの松井証券株式会社です。
そのオンライン取引は、瞬く間に全国に普及して、しかも他の証券会社にも同じ様に波及していったことは当然だと言えるでしょう。

調度、それらのオンライン取引が始まった時代というのは、金融ビックバンが叫ばれた時代でもあり、規制緩和の一環として、銀行や証券会社、先物取引会社の障壁がなくなるといった画期的な時代でもありました。

そのため、オンライン取引のサービス環境が整備しやすい時代であったとも言えます。
初期の頃は、高速通信網が左程、発達していなかったので、オンライン取引のメリットは薄かったかもしれません。

しかし、徐々に通信の高速化が実現するようになってくると、爆発的にネット証券が選ばれ、多くの会員登録がなされて、ネット証券が日本の金融のあり方を変えるほどの存在になりました。

株式投資は一部だけの人のものであったのを、個人がもっと身近に感じられるようになったのです。
その後、ネット証券が乱立して手数料競争が激化し、松井証券株式会社も淘汰の波が押し寄せてきた時期もありました。

しかしながら、10万円以下の取引は手数料無料といった創業以来からの取り組みは、一時期は改正もありましたがまた元に戻した程の伝統的な取り組みであり、それに多くのファンがいるのも事実です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:松井証券

このページの先頭へ